広報PRに力を入れるメリットとは?

  • note

以前「広告」と「広報PR」はどう違う?という記事でも少し触れましたが、
Small Worksでは、これから会社や事業を大きくしていきたい、自分たちの商品・ブランドを広めていきたいと考えている皆さんには、「広報PR」を継続的に行うことをオススメしています。

それは、「広報PR」で得られるメリットが大きいからなのですが、具体的にどのようなことがあるのでしょうか?今回はそちらについて、ご紹介していきます。

第三者の声というのは、信頼につながる!

「広報PR」とは、メディアに働きかけて伝えたいことを代弁してもらうことだと以前ご紹介しましたが、第三者の声で自分たちのことを紹介してもらいます。
しかもその第三者は、メディアなどユーザーに対して影響力のある場合が多数。
「あの雑誌で取り上げられているのだから、すごいね。間違いないね」と、まだ無名の会社でもメディアからのお墨付き!と、信頼につながるのです。

ホント!?と思われるかもしれませんが、ご自身での経験を思い出してみると、いかがでしょうか?なきにしもあらず…と思われるのではないでしょうか。

何と言っても費用がかからない!

会社や事業をこれから大きくしていこうという場合、まだいろんなことに費用をかけられないということが多いです。広告を打つとなると、ある程度まとまった費用が必要となりますが、「広報PR」は極端なことをいえば、無料でメディアに紹介してもらうことができます。これは大きなメリットではないでしょうか。
実際には、広報活動を継続的に行う部分で人件費や委託費などが必要となりますが、できるだけ費用を抑えて始めることもできます。

ファンを作りやすくなる

「広報PR」では、広く会社やブランド、商品のことを知ってもらえるよう活動します。なので、知ってもらいたい物そのものを紹介するだけでなく、それに関わる人やエピソードなどを取り上げてもらうこともよくあります。

たとえば、知らない相手のいろんな側面を知ると身近に感じられることが多いように、会社や商品もさまざまなことを知ると、心を動かされることがよくあります。
つまり、いつの間にかファンになっているということなのです。
ファンができると大変心強いです。継続的に商品を購入してくれたり、自ら情報を発信してくれる人もいるでしょう。顧客になってくれる人もいるかもしれません。

また社内にもファンができると、また心強いパートナーとなってくれます。継続して働いていこうという気持ちになったり、自社の商品やサービスに自信を持つことができ、それが売上にも!

以上のように、「広報PR」を行うことで、多方面で良い影響が生まれてくるとSmall Worksでは考えています。ぜひ皆さんにも実感していただけたらと思っています。