「広告」と「広報PR」はどう違う?

  • note

一見、見た目も似ている「広告」と「広報PR」。外に向けて情報発信し、広く知ってもらうということでは、その手法は大きく異なります。
分かっているようで、混同しやすいこの2つについて改めて整理してみましょう。

広告とは?

【広告】とは、自分たちが伝えたいことを「お金を払って伝えたいかたちで届け、広く知ってもらう」という手法をとります。たとえば、雑誌やフリーペーパーの広告枠を買って、そこで自社の商品について宣伝したり、求人募集を行ったり…などで使ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お金を払うので、伝えたい情報を自分たちできちんとコントロールできるというメリットがあります。一方で、広告枠には費用がかかるので、使うには予算がある程度必要というデメリットもあります。

広報PRとは?

【広報PR】とは、「メディアに働きかけて伝えたいことを代弁してもらう」という手法をとります。プレスリリースというかたちでメディアに情報を送り、それをもとに新聞記事に書いてもらった、雑誌に掲載された、という経験がある方もいらっしゃるかもしれません。
前述のとおり、働きかけて記事を書いてもらったり、掲載してもらったりということになるので、必ず載るわけではない・紹介される情報はメディア次第というデメリットがあります。けれども費用を掛けることなく情報を届けられるので、これは大きなメリットとなるのではないでしょうか。

それぞれの違いについて見てみましたが、Small Worksではこれから会社や事業を大きくしていきたい、自分たちのブランド・商品を広めていきたいという皆さんに、【広報PR】活動を行っていくことをオススメしています。
広告のようにすぐに結果につながることは難しいかもしれませんが、継続していくことで、きっと多方面で良い影響が出ていることを実感できるはずです。

広報PRを行うことで、どんなメリットがもたらされるのかについては、また改めてご紹介したいと思います。